KUMA FOUNDATION クマ財団

KUMA FOUNDATION クマ財団

クリエイター奨学金は、学生クリエイターの育成を目的とした、給付型奨学金です。

カリキュラム 2019年度

クマ財団は、奨学金(月々10万円、年間120万円)の支給開始時から
翌年3月の「KUMA EXHIBITION」まで、奨学生の創作活動を総合的にサポートします。

優れたクリエイティブのためには、個人での創作活動を続けることだけではなく、
ジャンルを超えたクリエイター同士の「つながり」の中で、
それぞれの想いやビジョン、作品に至るプロセスを共有し、
「新しい価値」を発見していくサイクルが必要です。

そこでクマ財団では、個人で行う「OUTPUT」に寄り添う形で、
「INPUT」から「OUTCOME」までの一連の過程をカリキュラム化し、
クリエイティブサイクルの構築をサポートします。

#2 INPUT #3 PREVIEW #4 BRUSH UP
#1 OUTPUT
#5 OUTCOME
カリキュラム

#1 OUTPUT 創作活動 通年

クマ財団の「OUTPUT」は、アートや映画、漫画などのように有形のものだけではなく、アプリやゲームなどの開発、ダンス、音楽、プロジェクト企画など無形のものも含みます。

奨学生は、年間120万円(月々10万円)の奨学金を有効活用することで創作に必要な時間を確保し、「OUTPUT」に集中します。奨学金は、創作活動に繋がるものであれば、自由にお使いいただけます。

奨学生は、翌年3月の「Kuma Exhibition」までの活動計画の実現に向けて、クマ財団のサポートを受けます。

奨学金の活用例
  • ・機材や材料の購入費用
  • ・創作/発表スペースのレンタル費用
  • ・コンペ出展費用
  • ・展示会や勉強会の参加費用
  • ・取材費
  • ・創作活動に集中するための生活費
サポート例
  • ・メンター、クリエイター、企業の紹介
  • ・創作/発表スペースの提供
  • ・資料貸し出し、情報提供
  • ・奨学生同士の交流、プロジェクトの支援
  • ・広報面のサポート

#2 INPUT 学び 6月-9月

自身の活動領域にとらわれることなく、異分野の奨学生同士で活動や作品を紹介しあったり、情報や意見交換を行い、想いやビジョンを理解することが何よりも良質な「INPUT」の機会になります。

クマ財団では学生クリエイター同士がつながる場を積極的に創出していきます。

  • 2019年
    6月7日(金)
    ガイダンス
    • ・説明会
    • ・手続き
    • ・3期生顔合わせ
  • キックオフパーティー
    • ・奨学生同士の交流会(1期生~3期生)
    • ・奨学生と財団の交流会
  • 6月中
    奨学金給付開始
    • ・初回は4〜6月分の奨学金を給付、7月からは月ごと給付
  • 個別面談(希望者のみ)
    • ・応募書類を元に、活動計画の実現に向けた個別面談
      (Skype面談も可)
  • 8月中旬の3日間
    (後日発表)
    Kuma Camp in Summer
    • ・奨学生の合宿
    • ・クリエイター同士の活動紹介
    • ・奨学生交流会
    • ・自主企画なども可能

*日程変更の可能性もございます。予めご了承ください。

#3 PREVIEW 共有 10月

「INPUT」を踏まえて、自身が行っている創作活動についての「PREVIEW」を目的に中間発表の機会を持ちます。毎年3月に開催される「KUMA EXHIBITION」の具体的なプランニングをして頂きます。

発表では、講評(フィードバック)、奨学生同士のディスカッション、交流会を通じて視野を広げ、同世代で活躍する様々なジャンルのクリエイターの作品や考えを知ることができる、特別な「PREVIEW」の機会になります。

  • 10月中旬〜下旬
    Kuma Camp in Autumn
    • ・中間発表会(合宿形式
    • ・プロによる講評(フィードバック)
    • ・奨学生によるディスカッション
    • ・Kuma Exhibitionへ向けた具体プランを策定
    • ・交流会

#4 BRUSHUP 向上 11月-2月

「INPUT」と「PREVIEW」を通して得た、奨学生同士やプロとのつながり、フィードバックを活かし、展示内容や制作プロセス、PR手法などを、より自分に合ったものに試行錯誤していく期間です。

また、3月の「Kuma Exhibition」に向け作品を「BRUSH UP」していきます。

#5 OUTCOME 成果発表 3月

カリキュラムの集大成として、創作物を発表・展示する「Kuma Exhibition」を開催します。

同時に、奨学生の紹介と活動内容を掲載した「Kuma クリエイターズ カタログ」を制作します。企業やギャラリー、スタジオはもちろん、様々な方面へのPRを目的とした「OUTCOME」の場を提供します。

  • 2020年3月下旬
    Kuma Exhibition
    • ・イベント会場にて創作物の成果発表・展示
    • ・プロクリエイターによる講評
    • ・一般公開
    • ・レセプション
  • 3月末日
    給付継続審査(希望者のみ)
    • ・給付継続希望届出
    • ・創作活動、成果発表、成果報告書をもとに、給付継続審査
  • 5月(予定)
    アーカイブサイト制作
    • ・KUMA EXHIBITIONでの展示内容と、奨学生の紹介及び活動内容を掲載したアーカイブサイトを制作

*日程変更の可能性もございます。予めご了承ください。