KUMA EXHIBITION 2021(クマエキシビション2021)

音楽

sss…zzz… (わたしにとっては)

長谷川白紙

HAKUSHI HASEGAWA

全てのスピーカーは現時点では、その電源が点いてしまえば微弱なノイズの発振から逃れることができません。
信号さえあればどのような音でも再現/再生可能なようなスピーカーが唯一共通言語として持つノイズはほぼ聴かれず、知覚されたとしても音楽的状況だとは認識されず、多種多様な言葉を取り扱う拡声者loudspeakerがまだ話し始めていない状況と見なされています。

この作品はそのようなノイズとわたし自身が持つクィアネス——あらゆるクィアネスがしばしば存在しないものとして扱われる状況——を重ね合わせて制作したものです。

それぞれのスピーカーの持つノイズに音圧の増減を与えることによって、わたしたちがまだ話せず、息だけをしている状態に似せるようにしています。
※作品の特性上、音がとても小さいです。できれば音量を上げることなく、小さいままご鑑賞いただけるとさいわいです。