過去の展示

Pendulums

2024年2月10日(土)〜2月25日(日)

海老原 イェニ | 小河原 美波 | 薛 大勇 | 戸谷 太佑 | 新美 志織 | 宮林 妃奈子

若手クリエイターによる企画シリーズ「KUMA experiment 2023-24 」第五弾!

次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第7期・36名が発表するシリーズ「KUMA experiment 2023-24」の第五弾として企画展『Pendulums』を2024年2月10日(土)〜2月25日(日)に開催いたします。

参加するクリエイターは、アイデンティティをテーマに色鉛筆を用いた絵画を軸にして表現を模索する海老原イェニ、グラフィックデザインを軸に幅広い分野で活動する小河原美波、映像メディアにおける陰謀論の表象について研究と制作を行う薛大勇、インスタレーションの領域で人間が能動的に作りだす空間性に関心を持って取り組む戸谷太佑、演劇の活動から建築を志し、都市におけるあたらしい場面転換の発生を目指す新美志織、日課とするドローイングから支持体と描画材との関り方を探求する宮林妃奈子の6名。異なる領域で未来を見据えて創作する若手クリエイターがそれぞれの取り組みを発表します。


Statement

自分の生活の中で感じるもどかしさが、他人の気づきへと広がってゆく/海老原イェ二
ほんのちいさな身体をもって、この惑星の上を歩いていること/小河原美波
台湾から遠く離れて、病棟からここに戻って/薛大勇
日常のメタ空間への身体介入を通し、確立された世界に批判的感性や固有の空間の獲得を目的とする/戸谷太佑
二畳からはじめる。最小スケールが生み出す大きなインパクト/新美志織
意味を飛んで、見えてきた点の連なりを追いかけては追い越す/宮林妃奈子

ある視点から行き来する、物質を超えた振り子運動。
それの繰り返し。


2月9日(金)開催!レセプションイベント

本展『Pendulums』では、レセプションイベントとしてクロストークを行います。
展示作家6名が言葉を媒介として、それぞれの作品のあいだを振り子のように行き来しようと試みます。トークを通じて展覧会のテーマを体感していただける機会になっております。
なおイベントでは、皆様に快適にご参加いただけるよう感染対策を徹底しながら、ドリンクの提供を行う予定です。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

▼日程
 2月9日(金)17:00 – 20:30

▼タイムスケジュール
 17:00 開場
 18:00 クロストーク
 20:30 閉場

▼料金
 無料・事前予約制

▼予約方法
 レセプションへの参加を希望される方は、以下のフォームより来場予約をお願いいたします。
 来場予約フォーム:https://forms.gle/kuuMeGWdpjvH6gvw9

▼会場
 クマ財団ギャラリー

 

EVENT INFORMATION

Title

Pendulums

Creator

海老原 イェニ | 小河原 美波 | 薛 大勇 | 戸谷 太佑 | 新美 志織 | 宮林 妃奈子

Date

2024年2月10日(土)〜2月25日(日)

Venue

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

Time

12:00 〜 19:00

Closed Day

火・水

Price

無料

ART WORK

海老原 イェニ 《SKINNED》 2021

小河原 美波 《close to/from away》 2022

薛 大勇 《サド》 2023

戸谷 太佑 《Ghosting of urban society and recognition of self-existence》 2023

新美志織 《都市を停める》 2022

宮林 妃奈子 《クランベリーの心臓》Cranberry's Heartbeat, 2023

CREATOR PROFILE

海老原 イェニ

YENNIE EBIHARA

  • 第7期生

絵画

社会の基準、偏見、アイデンティティに焦点を当て、鑑賞者の慣習や常識に疑問を問いかけている。香港で育ち日本に移住し、自分の価値観との違いが明らかになり、アイデンティティに混乱を感じた。この経験から社会に対する違和感、異文化を新たな視点で観察し、対話する重要性に焦点を当てている。
Profile

小河原 美波

MINAMI OGAHARA

  • 第7期生

グラフィック

1999年生まれ。東京藝術大学美術研究科デザイン専攻在籍。グラフィックデザインを軸に、ブックデザインやテキスタイル、ファッションなど、幅広い分野で活動。リサーチやフィールドワークから得た、観察をベースにしたものづくりを大切にしている。
Profile

薛 大勇

HSUEH DAYUNG

  • 第7期生

映画

現在は映像メディアにおける陰謀論の表象について研究、制作をしている。
Profile

戸谷 太佑

TAISUKE TOYA

  • 第7期生

インスタレーション

1998年長野県出身。人間が能動的に作りだす空間性に関心がある。日常の裂け目のように立ち現れるメタ空間への身体介入を通し、既に確立された世界に批判的感性や固有の空間の獲得を目的として活動している。
Profile

新美 志織

SHIORI NIIMI

  • 第7期生

建築

1999年愛知県生まれ。演劇の裏方の活動を通じて、建築の道を志した。変化を楽しめる都市を目指して、都市における新たな【場面転換】の提案を行っている。
Profile

宮林 妃奈子

HINAKO MIYABAYASHI

  • 第7期生

絵画

1997年北海道生まれ。2023年ベルリン芸術大学視覚芸術学部修了 マイスターシューラー取得。現在、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻在籍。日課としているドローイングの連続性を手がかりに、支持体と描画材との必然的な関わり方を探究しています。
Profile

ACCESS

Google Map

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

EVENT VIEW

CONTACT FORM

クマ財団ギャラリーへのご質問やご相談は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。皆様のご来場を心からお待ちしております。