過去の展示

呼吸する距離

2022/10/29(土)〜11/6(日)

帷子つらね | 桒原 幹治 | 柴田まお | 曾 斯琴 | 山﨑 結子

若手クリエイターを紹介する企画シリーズKUMA experiment 第二弾開催!

次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第6期・55名が発表するシリーズ『KUMA experiment』の第二弾として企画展『呼吸する距離』を2022年10/29(土)〜11/6(日)に開催いたします。

コミュニケーションの排他性や暴力性、脆さをテーマとする歌人の帷子つらね、様々なメディアでリズムの概念とその諸相に迫る桒原幹治、「人と人の繋がり」を見つめ、彫刻やインスタレーションを制作する柴田まお、関係性を考え、現代社会に溶け込む染織作品を創る曾斯琴、写真を軸に個人間のコミュニケーションを重要視し制作する山﨑結子の5名が現代の関係性について探ります。


Statement

わたしがいて、あなたがいる。わたしの身体があり、あなたの身体がある。切り出された存在を生きるひとりひとりの間には、決して消し去ることのできない差異が横たわっています。ときにことばを交わし、時間や空間をわかちあいながら、わたしたちをめぐる差異もまた、繊細な息づかいで変化するのです。この展示は、さまざまなメディアを通じて、他者と他者とをゆるやかに繋ぎ、そして隔てる差異をまなざす試みです。


Online Talk session [ 10/29(土)11:00〜 ]

オンライントークセッション開催!
いよいよ10/29(土)よりスタートするKUMA experiment vol.2 『呼吸する距離』に関連して、参加クリエイターが自身の活動や今回の展示について紹介するトークセッションをYoutubeにてオンライン配信します。 今回は帷子つらね、桒原幹治、柴田まお、曾斯琴の4名が登壇、現代における関係性について探ります。 作品について、それぞれの創作から展示について、共に語る貴重な機会です。ぜひご覧ください。

▼下記よりアーカイブ映像がご覧いただけます。

・日時:2022年10月29日(土)11:00〜
・参加クリエイター:帷子つらね、桒原 幹治、柴田まお、曾 斯琴
・プラットフォーム:Youtube 公益財団法人クマ財団(https://www.youtube.com/channel/UCGSqf0lUc-aI4Wj-qI7Sc2A
・視聴方法:予約不要。お時間になりましたら上記のYoutubeアカウントをご覧ください。
・お問合せ:クマ財団事務局 メールアドレス contact@kuma-foundation.org


クマ財団6期生(55名)による企画シリーズ「KUMA experiment」

「KUMA experiment」は、U25の若手クリエイターの創作活動のプレゼンテーションの場として、社会とつながることを目的に、実験的な発表の場を目指しています。数名で構成する10のチームがそれぞれのテーマを導き出し、掲げるテーマを通じて、既存の枠組みに囚われず、彼らの視点で現代の社会を見つめます。
発表する全55名の活動ジャンルは22種類に及び、9会期にわたり六本木のクマ財団ギャラリーにて開催するグループ展ではアート、テクノロジー、デザインなど多領域の作品を発表します。また3月中旬には、音楽・演劇などのパフォーマンスを軸としたイベントを開催、10の企画を実施いたします。
▷詳細 https://kuma-foundation.org/news/7242/

EVENT INFORMATION

Title

呼吸する距離

Creator

帷子つらね | 桒原 幹治 | 柴田まお | 曾 斯琴 | 山﨑 結子

Date

2022/10/29(土)〜11/6(日)

Venue

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

Time

12:00 〜 19:00

Closed Day

火・水

Price

無料

ART WORK

帷子つらね 《「heaven」15首》 2022

桒原幹治 《Rhythm space》 2020

柴田まお 《Blue mask》 2022

曾斯琴 《人間花像》 2021

山﨑結子 《nonverbal》 2021

CREATOR PROFILE

帷子つらね

TSURANE KATABIRA

  • 第6期生

短歌・俳句・詩

2000年生。歌人。早稲田大学文化構想学部在籍。言語やコミュニケーションの排他性や暴力性、脆さをテーマに作品を制作・発表している。短歌定型や日本語社会が抱える「ふつう」を問い直し、オルタナティヴな読み/詠みの在り方を模索している。
Profile

桒原 幹治

KANJI KUWAHARA

  • 第6期生

音楽

素朴なようで複雑なリズムの概念とその諸相に迫る。打楽器奏者としての経験やリズム論の研究をもとに、映像、インスタレーション、パフォーマンスなど様々なメディアで制作を行う。東京藝術大学音楽環境創造科卒業、同大大学院映像研究科メディア映像専攻在籍。カブトムシのメンバー。
Profile

柴田まお

SHIBATA MAO

  • 第6期生

彫刻

1998年神奈川県生まれ。2022年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻在籍。現代に於いて、多様化する「人と人の繋がり」や、その中で生まれる「コミュニケーションの在り方」をテーマに、フィジカルとデジタルを介した彫刻作品や、インスタレーションを制作する。
Profile

曾 斯琴

SIQIN ZENG

  • 第5期生
  • 第6期生

工芸

1996年中国湖南省生まれ。清華大学(北京)美術学部工芸専攻卒業。東京藝術大学美術研究科工芸科染織分野修士修了、現在同研究室博士後期課程在籍。工芸技術を根底として、社会や人々との関係性に主眼を置き、ジャンルを超える多岐なアプローチをとることで、現代社会に溶け込む染織作品を創り出すことを目指している。
Profile

山﨑 結子

YUIKO YAMAZAKI

  • 第5期生
  • 第6期生

写真

個人間のコミュニケーションを重要視し制作を行う。色や形、質感の要素を組み合わせ、鑑賞者に親しまれる表現を意識した制作。他者を理解することで自身の中で生まれた共感を「他者受容」と解釈し、具現化することを目的とした制作。この2種のアプローチをすることでそのままの自分で社会と関わりを持つことを試みている。
Profile

ACCESS

Google Map

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

CONTACT FORM

クマ財団ギャラリーへのご質問やご相談は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。皆様のご来場を心からお待ちしております。