第5期生

山﨑 結子

YUIKO YAMAZAKI

写真

メディアアート

1998年大阪生まれ。愛知県立芸術大学院美術研究科在籍。
自己に対する内外の関係性に焦点を当て、アートとして表現活動を行う。
日々を過ごすうえで、視覚的、または感覚的に不明瞭な物事を認識し、具現化することによって作品に昇華している。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

Lowres image

53×64cm/ストレートフォト/2020
金網を物質的なフィルターとして用いて、低画質のようなイメージを作り出した作品。
日常を暮らす上で視界に入っているのに見えていない物の記憶を写真として残す。

SHIBUYA PIXEL AWARD Byond Pixel Art賞受賞

会話の糸口

84.1×59.4cm/ミクストメディア/2020
布に印刷した友人のバストアップに刺繍糸と電子ワイヤーを縫い付けた作品。
コミュニケーションをすることは不明瞭な相手の意図を、まるで時限爆弾を解除するように、繊細かつ慎重にくみ取らなければならない危険な行為だということを表した作品。

SURFACE

84.1×118.9cm/ストレートフォト/2021
金網のレイヤーを用いて意図的にモチーフを組み立ててイメージの面白さを追求した実験的な作品。
モチーフは色、形、質感で選び、具象と抽象の狭間でどう作品を確立させるかを制作を通して考察している。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。