現在開催中の展示

生を読む

2023/2/4(土)〜2/12(日)

池部 ヒロト | 後藤 光利 | 高田 一真 | 樋口 紗矢 | Maya Masuda | 森 聖華

若手クリエイターを紹介する企画シリーズKUMA experiment 第七弾開催!

次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第6期・55名が発表するシリーズ『KUMA experiment』の第七弾として企画展『生を読む』を2023年2月4日(土)〜2月12日(日)に開催いたします。

参加クリエイターは、「土に還るアート」をテーマに古来から存在する素材や技術とテクノロジーを組み合わせたテキスタイルアートを制作する池辺ヒロト、日本文化を尊重し、新たな美意識の発露を目的とし制作を行い、歴史の蓄積を認識しながら、自己アイデンティティーの形成を試みている後藤光利、Human-Conmputer Interaction、身体性認知科学の観点から人々が持つ自己感覚の柔軟さについて研究している高田一真、現象を手がかりとし、感覚から生まれる身体的建築を追求する樋口紗矢、New Mediaにおけるフェミニスト批評を専門に、人間とテクノロジー、モノや動物などの脆弱性に注目し「サイボーグ」を再定義する活動を行っているMaya Masuda、自然豊かな土地で育った経験を背景に、生物を用いて「浄化」をテーマに陶芸作品を制作している森聖華の6名です。


Statement

2010年以降、地球温暖化やパンデミックなど、人間を取り巻く地球環境は大きく変化し、その自律性は、これまでの人間を主体とする世界観に顕著に影響を与えてきました。建築が人の体を変容させ、化学物質が人間の寿命よりも遥かに長く地球に残存するように、世界においては人だけでないあらゆる存在が表象の主体となるのです。

本展ではこうした議論を踏まえ、人と生物、物質などの複数の主体が交わる境界空間に着目し、生にまつわる様々な事象について多面的な視点からのアプローチを試みるものです。他者性への畏怖を起源とする祈りから始まり、建築物や物質、身体といったオブジェクトの自律性、それから機械や人間、あらゆる動物が交わるその狭間へ。これらの思考実験は、現代においてあまねく存在の“生”を問い直す為の1つの道しるべとなるはずです。


Online Talk session [ 2/4(土)11:00〜 ]

企画展のオープンに関連して、出展クリエイターが自身の活動と作品を紹介するギャラリートークをYoutubeにてオンライン配信します。
作品についてクリエイターが自身の言葉で語る貴重な機会です。ぜひご覧ください。

・日時:2023年2月4日(土)11:00〜
・参加クリエイター(予定):池部 ヒロト | 後藤 光利 | 高田 一真 | 樋口 紗矢 | Maya Masuda | 森 聖華
・プラットフォーム:Youtube 公益財団法人クマ財団(https://www.youtube.com/channel/UCGSqf0lUc-aI4Wj-qI7Sc2A
・視聴方法:予約不要。お時間になりましたら上記のYoutubeアカウントをご覧ください。
・お問合せ:クマ財団事務局 メールアドレス contact@kuma-foundation.org


クマ財団6期生(55名)による企画シリーズ「KUMA experiment」

「KUMA experiment」は、U25の若手クリエイターの創作活動のプレゼンテーションの場として、社会とつながることを目的に、実験的な発表の場を目指しています。数名で構成する10のチームがそれぞれのテーマを導き出し、掲げるテーマを通じて、既存の枠組みに囚われず、彼らの視点で現代の社会を見つめます。
発表する全55名の活動ジャンルは22種類に及び、9会期にわたり六本木のクマ財団ギャラリーにて開催するグループ展ではアート、テクノロジー、デザインなど多領域の作品を発表します。また3月中旬には、音楽・演劇などのパフォーマンスを軸としたイベントを開催、10の企画を実施いたします。
▷詳細 https://kuma-foundation.org/news/7242/

 

EVENT INFORMATION

Title

生を読む

Creator

池部 ヒロト | 後藤 光利 | 高田 一真 | 樋口 紗矢 | Maya Masuda | 森 聖華

Date

2023/2/4(土)〜2/12(日)

Venue

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

Time

12:00 〜 19:00

Closed Day

火・水

Price

無料

ART WORK

池部 ヒロト 《PNEUMA》 2021

後藤 光利 《2021年 neo shishi》 2021

高田 一真 《SIGGRAPH Asia 2021 Emerging Technologies. Parallel Ping-Pong: Demonstrating Parallel Interaction through Multiple Bodies by a Single User》 2021

樋口 紗矢 《他者から見た世界》 2020

Maya Masuda 《にょろにょろ機械、ばらばら機械、ぴちゃぴちゃ機械》 2021

森 聖華 《釣りキチ親父》 2021

CREATOR PROFILE

池部 ヒロト

HIROTO IKEBE

  • 第6期生

テキスタイル

多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻。日本を含めた世界各地に存在する民族の内包する文化、習慣、信仰などの蓄積された記憶からインスピレーションを受け、「土に還るアート」をテーマに日本に古来から存在する素材・技法とテクノロジーを組み合わせたテキスタイルアートの制作を行う。
Profile

後藤 光利

MITSUTOSHI GOTO

  • 第6期生

絵画

日本人1998年2月24日生まれ。日本文化を尊重し、新たな美意識の発露を目的とし制作を行う。また、歴史の積層を認識し、自己のアイデンティティーの形成ができればと思う。
Profile

高田 一真

KAZUMA TAKADA

  • 第6期生

サイエンス

1997年生まれ.沖縄科学技術大学院大学在籍.私たちの自己感覚の柔軟さについて,Human-Computer Interaction,身体性認知科学の観点から 探究している.論文だけでなく,展示やワークショップを通じてより多くの人に体験してもらえるデモンストレーション設計と実践を試みている.
Profile

樋口 紗矢

SAYA HIGUCHI

  • 第6期生

建築

1997年福岡県生まれ。九州大学大学大学院 人間環境学府 建築意匠学専攻。物質としての建築、人体、それらを媒介する感覚。感覚は現象を捉え、そして現象そのものでもある。現象を手がかりとし感覚から生まれる身体的建築を追求する。
Profile

Maya Masuda

Maya Masuda

  • 第5期生
  • 第6期生

メディアアート

”New Media in Abjection”を主題に、人とテクノロジーの融合として定義されてきた「サイボーグ」を、人間とテクノロジー、モノ、動物などあらゆるものがその脆弱性によって開かれ混合する場所から再定義するような活動を行う。専門はNew Mediaにおけるフェミニスト批評。
Profile

森 聖華

KIYOKA MORI

  • 第6期生

工芸

1996年長崎県出身。東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻陶芸研究分野在籍。主に生物を用いて浄化をテーマに陶芸作品を制作している。作品制作には自然豊かな土地で育った経験が根底にある。また、並行して生活を彩る食器類の制作も進めている。
Profile

ACCESS

Google Map

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

CONTACT FORM

クマ財団ギャラリーへのご質問やご相談は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。皆様のご来場を心からお待ちしております。