開催予定の展示

日々の触覚

2024年3月9日(土)〜3月24日(日)

AHMED MANNAN | 石川 健人 | 石渡 結 | 金子 太一 | 北川 光恵 | 中村 みちる

若手クリエイターによる企画シリーズ「KUMA experiment 2023-24 」第六弾!

公益財団法人クマ財団は「創造性が共鳴し合う、世の中に」をビジョンに掲げ、「クリエイター奨学金」をはじめ、次世代を担うクリエイターの育成に取り組んでいます。
この度、活動中のクリエイター奨学金7期生・36名がそれぞれの作品や活動を発表するシリーズ「KUMA experiment 2023-24」の第六弾として、企画展『日々の触覚』をクマ財団ギャラリー(六本木)にて2024年3月9日(土)〜3月24日(日)に開催いたします。

参加するクリエイターは、自身のアイデンティティやそれに関連した問題を紐付けた絵画制作を行うAHMED MANNAN、社会問題などあらゆる関心事からアイディアを参照して音楽を生み出す石川健人、布を半立体的なものと捉え構造に焦点を当てた作品を手がける石渡結、木工や鉄鋼等にデジタルファブリケーションを用いて建築への応用を試みる金子太一、私的な出来事が外へ向かう瞬間に現れるものを小説や詩などで記述する北川光恵、発話や演奏家同士の身体性に着目して現代音楽の作曲を行う中村みちるの6名。異なる領域で未来を見据えて創作する若手クリエイターがそれぞれの取り組みを発表します。

 


Statement

お風呂に浮かぶアヒル / 布を見て想起する泳ぐ私 / アトピーの私が掻くリズム / 自分を整理するための制作 / 雪で曲がったガードレール / 家族との会話 / 遅くなる画面越しの会話 / 夢で友人が言った言葉 / 電柱に止まる鴉を見る老人 / 筆に付いた絵の具 / 早口言葉から立ちのぼってくるパルス。

ーー出来事はとりとめもなく引き起こされ、流れていく。ここに集まった6名は、泡がはじけるような気づきやその感触をより大きな社会的・文化的領野へと引き込み、作品へと昇華させている。出来事を掬いとり、結びつけた先にある本展覧会で、それぞれの作品は再び方々に向い、進んでいく。

 


3月8日(金)開催!オープニングイベント「6人の作家たちによるトークと生演奏」

本展覧会のオープニングイベントを開催します。出展者達の自作品解説や3名ずつに分かれてのクロストーク、さらに、石川健人と中村みちるの2つの出展作品の生演奏も行います。6人それぞれの触覚が捉えたものは何か、それらはどんな感触なのか、ぜひ、直接確かめにお越しください。

▼日程
 3月8日(金)17:00 – 20:00

▼タイムスケジュール
 17:00 開場、展示の鑑賞
 17:40 第1部 生演奏とトーク
 18:40 休憩、展示の鑑賞
 19:00 第2部 生演奏とトーク
 20:00 クローズ

▼料金
 無料・事前予約制

▼予約方法
 イベントへの参加を希望される方は、以下のフォームより来場予約をお願いいたします。
 来場予約フォーム:https://forms.gle/9eCWWChuGsmWoGnZ8

▼会場
 クマ財団ギャラリー


3月16日(土) &24日(日)にギャラリーにて生演奏を行います

会期中、ギャラリーパフォーマンスとして、石川健人と中村みちるの2つの出展作品の生演奏を行います。
自由に入退場していただけるので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

▼タイムスケジュール
3月16日(土)  石川・中村両作品
16:00 公開リハーサル
17:00  生演奏(30分程度)

3月24日(日) 中村作品のみ
14:30 公開リハーサル
15:00 生演奏1回目(15分程度)
16:30 公開リハーサル
17:00 生演奏2回目(15分程度)

▼料金
無料・予約不要

EVENT INFORMATION

Title

日々の触覚

Creator

AHMED MANNAN | 石川 健人 | 石渡 結 | 金子 太一 | 北川 光恵 | 中村 みちる

Date

2024年3月9日(土)〜3月24日(日)

Venue

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

Time

12:00 〜 19:00

Closed Day

火・水

Price

無料

ART WORK

AHMED MANNAN 《材料と状態の絵》 2023

石川 健人 《Beyond the Melting Pot II for Orchestra》 2022

石渡 結 《Tabula Rasa》 2023

金子 太一 《桶箱工法 ver.2》 2023

北川 光恵 《拭えぬ血、》 2022

中村 みちる 《(Face)-to-(Face)I for 2 Violins》 2021

CREATOR PROFILE

AHMED MANNAN

AHMED MANNAN

  • 第5期生
  • 第6期生
  • 第7期生

絵画

絵画を中心に作者自身のアイデンティティや、それに関連した問題などを紐付けた制作、発表を行っており、最近では映像作品や立体作品なども制作している。絵画、造形という身体的な運動と共に自身のパーソナルな部分から端を発する社会の見え方をアウトプットする形で美術を行なっている。
Profile

石川 健人

KENTO ISHIKAWA

  • 第7期生

音楽

幅広い興味・あらゆる分野から参照したアイディアを音楽上知覚できる形へと置き換え、複層的なテクスチャをつくりあげてゆくスタイルで、近年では美術作家とのコラボレーションなど創作の幅をひろげている。第91回日本音楽コンクール作曲部門第1位。現在東京藝術大学大学院作曲専攻に在籍。
Profile

石渡 結

YUI ISHIWATA

  • 第7期生

工芸

2000年静岡県生まれ。金沢美術工芸大学 美術工芸学部 工芸科 染織コース在籍。布同士を再構築しオブジェとして、空間や人に作用する作品を制作している。布を半立体的なものと捉え、普段意識されない布の構造に焦点を当てている。織り技法で、世界の小さな構造を表現する作品を模索している。
Profile

金子 太一

TAICHI KANEKO

  • 第6期生
  • 第7期生

建築

東京藝術大学建築学科在籍。木工や鉄鋼、伝統工芸の基本制作に対してデジタルファブリケーションを用いることで、「力学的な合理性」や「素材としての合理性」を求め、建築に応用されていくことを目的としている。主に家具や彫刻の制作と、素材の開発に注力し、プロセスの新規性とその確立を目指す。
Profile

北川 光恵

MITSUE KITAGAWA

  • 第7期生

小説

東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 在籍。私的な出来事が外へ向かう瞬間に現れるものを記述しようと小説や詩などの制作を行っている。エレーヌ・シクスーの研究や美術・人文系の翻訳も行う。
Profile

中村 みちる

MICHIRU NAKAMURA

  • 第7期生

音楽

現代音楽の作曲と研究を行う。近年の作品では、日本語の発話や会話で生じる、音声学的に興味深い事象を取り上げたり、演奏家同士のコミュニケーションや身体性を引き出すための音楽的な仕掛けを模索している。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。現在、同大学院音楽研究科作曲専攻修士3年に在籍。
Profile

ACCESS

Google Map

〒106-0032
東京都港区六本木7-21-24
THE MODULE roppongi

OTHERS

CONTACT FORM

クマ財団ギャラリーへのご質問やご相談は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。皆様のご来場を心からお待ちしております。