活動支援について

クマ財団の目指す「創造性が共鳴し合う」社会の実現を目指し、芸術・文化振興の中長期的な視座から活動を支援していく必要があると考え、より継続的な支援を目指して本活動支援事業を開始いたしました。活動支援事業は、卒業生も含めた財団奨学生を対象にした助成金事業で、最大500万円を上限の企画ベースでの助成、活動支援を提供しています。

制作環境を整え、創作活動に打ち込み、発表の機会を重ねていく中で実績を積み、才能が認められるクリエイターの世界において、若くして短期間で活躍できる人材は非常に少ないのが現状です。本活動支援を通じて、長期的な継続支援と機会創出が人材育成と芸術振興につながることを願っています。

クマ財団の奨学生と卒業生を対象としています。

主な支援内容

01

創作活動の資金援助

活動支援事業はクリエイター奨学金とは異なり、財団奨学生と卒業生を対象にした、プロジェクトベースでの「支援制度」です。30万円から500万円の希望コースを選択し、企画書をベースに選考・採択が確定します。精力的に活動を続ける若手クリエイターの支援・助成を行い、継続的に創作活動に向き合うことができる仕組みを提供します。

5つのコースごとに選考を実施

画材購入や短編映像作品の
制作費用等として
自主個展や複数展示会の
制作費等として
大規模なイベントや海外留学費用
または自主長編映像作品などの
費用として

各コースと企画・用途は参考です。

02

縦・横のつながりの機会創出

2016年の設立から様々なジャンルのクリエイターを支援し、卒業生を含めると200名以上のクリエイターをサポートしてきました。プロジェクト単位でのクリエイターの活動を創出・支援する本事業を通じ、クマ財団のクリエイター間での有機的な交流やコラボレーションの機会を生み出し、我々の理念である「創造性の共鳴」を生み出す場として機能します。

03

継続的な成果発表の場

希望者を対象として、毎年3月に実施されるKUMA EXHIBITIONでの作品発表の機会も合わせて提供します。成果発表・他のクリエイターからの講評・幅広い来場者とのつながりの場として機能します。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。