第5期生 | 第6期生 | 第7期生

Maya Erin Masuda

Maya Erin Masuda

メディアアート

2022

『蒸発したからだはそこかしこ。 土の中からは歌声、さえも。』

私は制作を通して、人と動物/ オブジェクト、そして機械との間にある脆い境界線を探ってきました。今作ではデュシャンの大ガラスを出発点としながら、物質性と非物質性、喪失と反復、自動機械と生命の間を揺れ動く、ひとの根源的な身体について緩やかに考えます。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで