第2期生

沖田 愛有美

Ayumi Okita

絵画 | 工芸

2019

遠く記憶の在り場所に

幼い頃に遊んだ山や森で林道の脇にある獣道を見つめ、少し怖く、でも興奮して森を探索したことを思い出します。残された動物の形跡や鳴き声に生き物の気配を感じたり、スギやヒノキが整然と植林された林がある地点を境に手付かずの原生林へと変わったりすると、その先には私達とは異なる生き物たちの世界があることを想像しました。しかし、人と野生の世界との間の暗黙の境界領域には、今変化が現れているようにも感じています。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。