ニュース

イベント

KUMA experiment 第八弾 AHMED MANNAN ・白川 深紅 ・福島 周平 ・南 佑樹 ・横手 太紀 ・渡邉 泰成による企画展 『Bode Cover』を開催!

次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第6期・55名が発表するシリーズ『KUMA experiment』の第八弾として企画展『Body Cover 』を2023年2月18日(土)〜2月26日(日)に開催いたします。

▷▶︎▷▶︎詳細 https://kuma-foundation.org/gallery/event/kuma-experiment22-08/

 

「ボディカバー」は本来、車やバイクの防塵・防水などに用いられる保護用具を指す。

本展示ではこの言葉を「body(身体、遺体、本体、塊)」を「cover(覆う、纏わせる、隠す、占める)」する行為として拡張してとらえる。

認識世界の裏側にある虚無、都市に秘められた野生性、憑依によって獲得する日常と非日常、新たな機構によるまだ見ぬ視点の可能性。「覆う」または「覆われる」ことに対して、さまざまな領域で制作活動をする6人のクリエイターが各々の視点で作品を展開する。

参加クリエイターは、絵画を中心に、支持体作りや描画への興味から自身のアイデンティティを基に、社会体験や日常をテーマに制作しているAHMED MANNAN、人類遺骨画材化計画を目指し、新たな祭り(祀り)の模索として、遺骨を「絵画」へ、アートの一部となることを提案する白川深紅、表現メディアと鑑賞者の身体との関係性を研究し、彫刻と写真の歴史的な関わりや内包する「時間」を考察する福島周平、建築意匠設計を専門とし、次世代モビリティが普及する未来を見据え、都市や建築がその変化にどう応答し、設計行為がどう変容するかを考える南佑樹、既製品の動きを利用したギミックや彫刻的アプローチで、身の回りにある人々が気にも留めない物の野性的側面を表現する横手太紀、工芸技法を軸に、自分自身が影響を受けた現代の文化や社会問題をテーマに制作をしている渡邉泰成の6名です。

Information

タイトル|Body Cover
出展作家|AHMED MANNAN/ 白川 深紅 / 福島 周平 / 南 佑樹 / 横手 太紀 / 渡邉 泰成
会 期|2023.2/18(土)〜2/26(日)*火・水は休館
開館時間|12:00 – 19:00
料 金|無料
W e b| https://kuma-foundation.org/gallery/event/kuma-experiment22-08/
会 場|クマ財団ギャラリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-21-24 THE MODULE roppongi206
MAP https://goo.gl/maps/4u3mdpTyS3o6dqB57

▼最寄駅からのアクセス
日比谷線・大江戸線「六本木」駅 4Aまたは7番出口 徒歩4〜10分
千代田線「乃木坂」駅 5番出口 徒歩7分

▼車椅子でお越しの方へ
入口に段差がございますので、スタッフがご案内いたします。事前に下記のお問い合わせよりご来場時間をご連絡ください。

主  催|公益財団法人クマ財団
​ビジュアルイメージ|白川 深紅
お問合せ|クマ財団事務局
Mail contact@kuma-foundation.org / Tel 03-6721-7798(平日:12:00 – 19:00)
フォーム https://kuma-foundation.org/contact/

リリースキットはこちら

クマ財団6期生(55名)による企画シリーズ「KUMA experiment」についてはこちら


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
クマ財団事務局(担当:野村)
メールアドレス contact@kuma-foundation.org
電話 03-6721-7798(平日:10:00-19:00)

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで