イベント

サカイケイタさん、AOYAMA NOWLOADINGにて8月18日 (金)から個展「Sequence」を開催

4期生のサカイケイタさん、AOYAMA NOWLOADINGにて2023年8月18日 (金) から8月20日(日)まで個展「Sequence」を開催!

サカイケイタ個展「Sequence

AOYAMA NOWLOADINGで、サカイケイタの新作個展「Sequence」を開催します。

サカイは1997年東京都に生まれ、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了。ディスレクシア(読み書き困難)による知覚の特性を出発点として、識字に関する「認識のズレ」をテーマに彫刻を制作しています。日常の些細な行為を作品に織り込み、認識の曖昧さ(ヒューマンエラー)を考察しながら活動を行っています。

本展では《線》をテーマにサカイが2年間にわたり実験を重ねた紙の彫刻が立ち並びます。動きのある線が、面へと変化する柔らかな彫刻を是非この機会にご覧ください。

【STATEMENT】
普段、意識されないがそこにあるもの。普段ではない方法で感じてみる。
紙は印刷されると途端に、上と下、表と裏が存在し始める。読み物として効果付けられた紙は、情報(図)の背後へと遠のいていく。印刷物の支持体として最も身近でこれだけ手に取る機会が多いにも関わらず、紙自体の存在に触れている意識はない。
紙に側面はあるのだろうか。または、紙一枚いちまいの側面を線と捉えることもできるだろう。子どもの頃に本のページを何度も捲り、触覚的に遊んでいたのを思い出す。そのときに感じていたのは、指の腹をビャーッと通り抜ける紙が発する一枚一枚の振動と、そしてそれらが集まることで形成された朧げな面の存在だった。

本展示では誰しも一度は触れ・扱ったことのある紙そのものを見つめ彫刻として再構成することで、視知覚では捉えられない領域を、背景を背景のままに感じるような方法で探ることを試みた。

詳しくはこちら
なお、クマ財団ギャラリー(六本木)にて個展のチラシを配布しています。

【サカイケイタ個展「Sequence」】
■会期:2023年8月18日 (金) 〜8月20日(日)
■時間:13:00〜20:00(初日は21:30まで開催)
■料金:無料、予約不要
■会場:AOYAMA NOWLOADING
■住所:〒107-0061 東京都港区北青山2-3-1 1F-7
■詳細URL:https://aoyama-nld.com/posts/Sequence

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで