第5期生

安達 麻耶

MAYA ADACHI

建築

2021年Grinnell College卒業、同年8月からHarvard Graduate School of Designにて建築を学ぶ。学部時代は芸術史、環境科学、心理学を組み合わせた独自の専攻を創設し、建造物の人や社会構造に与える影響を多角的に研究した。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

HEAR-CHITECTURE

視覚情報(前後左右上方向への距離、照度、色)を聴覚情報(音量、オクターブ、コード)に変換することで、建築を「聞く」ことを可能にする帽子を制作している。視覚一辺倒になりがちな建築デザイン教育に疑問を呈すると共に、テクノロジーを用いて建築分野がより多くの人に開かれたものになる可能性を模索した。

HEAR-CHITECTURE

視覚情報(前後左右上方向への距離、照度、色)を聴覚情報(音量、オクターブ、コード)に変換することで、建築を「聞く」ことを可能にする帽子を制作している。視覚一辺倒になりがちな建築デザイン教育に疑問を呈すると共に、テクノロジーを用いて建築分野がより多くの人に開かれたものになる可能性を模索した。

HEAR-CHITECTURE

視覚情報(前後左右上方向への距離、照度、色)を聴覚情報(音量、オクターブ、コード)に変換することで、建築を「聞く」ことを可能にする帽子を制作している。視覚一辺倒になりがちな建築デザイン教育に疑問を呈すると共に、テクノロジーを用いて建築分野がより多くの人に開かれたものになる可能性を模索した。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第7期生】募集中

前期 2023.1.29まで

後期 2023.3.26まで