第1期生 | 第2期生 | 第3期生 | 第4期生 | 活動支援

久保田 徹

Toru Kubota

映像

慶應大法学部在学中の2014年よりロヒンギャ難民の撮影を開始し、ドキュメンタリー制作を始める。2022年7月にミャンマーにて国軍に拘束され、111日間の拘束を経験。帰国後、弾圧を逃れた表現者を支援するためのプロジェクトDocu Athan(ドキュ・アッタン)を立ち上げる。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

辺境のフィルムメイカーたち

2023年 /11分/ ビルマ語
クーデター軍によって国を追われたミャンマー人のフィルムメイカーたち。彼らは何を失い、何を取り戻そうとしているのか。自らもミャンマーで拘束された映像作家が描く。

東京リトルネロ

2020年 /49分/ 日本語
2020年東京。緊急事態宣言から秋まで、社会の片隅に生きる人々の小さな歌声(リトルネロ)に耳を澄ませた記録。

Empathy Trip

2019年/ 13分/ 英語・ビルマ語
平和活動家のテトはミャンマーで迫害されるイスラム教徒ロヒンギャのために立ち上がり、難民キャンプへと旅立つ。テロリスト扱いされているロヒンギャを支援することは、命の危険が伴う。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで