第5期生

筒(tsu- tsu)

tsu-tsu

インスタレーション

ドキュメンタリーアクティング

Documentary Actor。
古典舞踊から得た筒(つつ)という身体感覚を手がかりに、演技と都市空間を用いたプロジェクトを展開する。渦中の人として存在し直すことで、与えられる物語との適切な距離を探る。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

F/Actory

2018年、都内の廃屋に移り住み集団創作の拠点とする. 私の身体を複数の人格がシェアしている. 時に協力し、時にいがみ合いながら、どうしようもなく顔を突き合わせる. 拐われかけたパレスチナでは「あの国が好きか?」と何度も尋ねられる. 今日は同居人と、牛乳パックの開け方でモメる. 適切に共存するため、ごまかせない状況に自らを飼う.

セルフたまごっち

2020年10月17日-30日の14日間、自宅にカメラを設置、その画角の中だけで生活し続ける様子を途切れることなくライブ配信した. 自意識の表象として”管理者”という架空の存在を作り出し、「それに観察させられている、ただ生活する私」を演じた. 当時は誰かの視線を感じ続けることにのみ生の実感があった.

TUBE MAN

これは、「ドキュメンタリーアクティング」の記録映像である. 本編中では、①身体を物理的に空っぽにする作業、②自身に付加された設定を自覚する作業、③他人に付加された設定を自分の肉体に取り込む作業を行っている. 今作では、”日記”を利用して、他者のインストールを試みる.

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。