第5期生

金田 剛

TSUYOSHI KANEDA

写真

1997年新潟県生まれ、東京都在住。東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域在籍。作品のコンセプトに関連した緻密なリサーチを元に、架空の出来事や物語を写真によって再現し、リアリティーのあるフィクションを追求している。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

M

19世紀に写真術が発明されてから、天文学の研究分野が飛躍的に発達した背景がある。写真を用いて星を手に取るように眺めるということ、それは天文学者が長年思い抱いていた欲望のように思えてならない。この作品は写真術が天文学にもたらした結実を、架空の天文学者『M』の軌跡を巡り表現し、制作したものとなっている。

M

19世紀に写真術が発明されてから、天文学の研究分野が飛躍的に発達した背景がある。写真を用いて星を手に取るように眺めるということ、それは天文学者が長年思い抱いていた欲望のように思えてならない。この作品は写真術が天文学にもたらした結実を、架空の天文学者『M』の軌跡を巡り表現し、制作したものとなっている。

M

19世紀に写真術が発明されてから、天文学の研究分野が飛躍的に発達した背景がある。写真を用いて星を手に取るように眺めるということ、それは天文学者が長年思い抱いていた欲望のように思えてならない。この作品は写真術が天文学にもたらした結実を、架空の天文学者『M』の軌跡を巡り表現し、制作したものとなっている。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。