KUMA FOUNDATION クマ財団

ニュース

REPORT2018.08.23

2018年度カリキュラム、Kuma Campを実施。

8月18日、19日の土日二日間にて実施いたしました、2018年度カリキュラム、

『Kuma Camp』のご報告をさせていただきます。(昨年度実施レポートはこちら!

会場は昨年と同様、COLONY箱根

 

2期生として初の合宿

今回は、クリエイター同士の「横のつながり」を作ることを目的として実施しました。

初日は、自己紹介を兼ねたライトニングトーク+懇親会。

1人1人が全体の場で話したのち、さらに話を聞いてみたいクリエイターの元に集まって話を深堀りしていくという形式で行いました。まずは、事前に準備した資料を元に、5、6人ずつが全体へプレゼンテーション。

各クリエイターが自身の創作活動の近況や思いなどを語ります。

一人一人が真剣に発表者の話に聞き入ります。

その後、フリートークセッションを20分ほど。

発表者の元へ自由に集まり、それぞれ興味がある分野をさらに詳しくヒアリングしていきます。

この一連の流れを繰り返し、参加者全員がお互いの活動への理解を深めていきます。

同世代のクリエイターの活動や、考え方を知ることは自身の創作活動にとってもいい刺激に。

早くもコラボレーションヘ向けた相談に至るケースも(!?)

 

初日の段階で、全員が接点を持ち、互いの活動把握ができたところで、懇親会がスタート。

この日は、代表理事の馬場も参加し、乾杯の挨拶。

自己紹介中、話しきれなかった時間を取り戻すかのような、活気のみなぎる交流の場となり、

合宿初日は無事終了!

 

合宿2日目は、脱出ゲームから!

2日目は「チームワーク」をテーマに、COLONY箱根を会場とした「脱出ゲーム」を敢行。(本施設では初めての試み)

参加者全員が真剣に知恵を出し協力し合い、8組中2組が脱出に成功!

2日目のお昼は、COLONY箱根、自慢のBBQ!

頭と体を使った疲れを癒しました。

その後は、来年3月に予定している「KUMA EXHIBITION」へ向けた構想の時間。

まずは、1期、2期と継続給付の中村 暖さん皆藤 齋さんから「KUMA EXHIBITION 2018」での取り組み事例を元にプレゼンテーション。

展示経験者の話を聞き、今後の大まかな流れを把握します。

その後、個人での構想、近いジャンルでの相談やブレスト、フリーセッションと、それぞれが考えを広げ、深める時間となりました。

なお、「KUMA EXHIBITION 2019」は、2019年3月22日(金)〜24日(日)開催予定となっており、

会場は、スパイラルガーデン&ホールです。

今後は各クリエイターが制作に向けて、具体的な動き出しとなります。

 

次回の合宿は、11月10日〜11日。

これからの各クリエイターの活動が楽しみです。

クマ財団では、引き続き学生クリエイターの活動をサポートしてまいります。

 

 

Photo by 大木 大輔

Text by 小川 大介

クマ財団 クリエイター奨学金事務局