ニュース

イベント

KUMA experiment 第六弾 奥村美海・加藤陸・黒田零・長谷川泰斗・Moche Le Cendrillon・湯田冴による企画展 『一層』を開催!

クマ財団で支援する若手クリエイターの発表の場・クマ財団ギャラリー(六本木)にて 2023年1月21日(土)~29日(日)まで6期のクリエイター奨学生6名が参加

次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第6期・55名が発表するシリーズ『KUMA experiment』の第六弾として企画展『一層』を2023年1月21日(土)~29日(日)に開催いたします。

一層

地層を縦に掘っていくと、その土地で起こった出来事の記録が続々と現れる。例えば、ある地層からサンゴが見つかれば、そこがかつて暖かくて浅い海だった時の記憶を留めていることを示します。地層が堆積する時間と比べると創作活動は刹那的な営みかもしれませんが、この時代を生きる者によって刻みつけられた創造的な時代解釈の確かな記録です。この展示も、そうした創造の地層の一番上に敷かれ、やがて下に堆積しながら、時代を記録します。

▷▶︎▷▶︎詳細 https://kuma-foundation.org/gallery/event/kuma-experiment22-06/

文字や落書き、ドローイングといった様々な筆跡を題材に、平面上から立体空間へと展開されたストラクチャーの生成を試みる奥村美海、音や光をベースに空間拡張のための装置のデザインを主軸とする長谷川泰斗、からくり機構として動作原理が魅力に結びつくプロダクトの考案・制作を行う加藤陸。また、循環・脱人間中心主義をテーマに写真、映像を中心としたインスタレーションを行う黒田零、ジェンダーや美醜のステレオタイプを逆説的に表象・解体するための制作活動を行うMoche Le Cendrillon、リサーチに基づいて日常にSFの視点を引き込む写真・映像作品を制作する湯田冴。様々なジャンルで活動している6名のアーティストが、それぞれのまなざしと方法から制作した、新たな「一層」となる作品郡を提示します。

Information

タイトル|一層
出展作家|奥村 美海 / 加藤 陸 / 黒田 零 / 長谷川 泰斗 / Moche Le Cendrillon / 湯田 冴
会  期|2023.1/21(土)~29日(日)*火・水は休館
開館時間|12:00 – 19:00
料  金|無料
W e b|https://kuma-foundation.org/gallery/event/kuma-experiment22-06/
会  場|クマ財団ギャラリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-21-24 THE MODULE roppongi 206
MAP https://goo.gl/maps/4u3mdpTyS3o6dqB57

▼最寄駅からのアクセス
日比谷線・大江戸線「六本木」駅 4Aまたは7番出口 徒歩4〜10分
千代田線「乃木坂」駅 5番出口 徒歩7分

▼車椅子でお越しの方へ
入口に段差がございますので、スタッフがご案内いたします。事前に下記のお問い合わせよりご来場時間をご連絡ください。

主  催|公益財団法人クマ財団
​ビジュアルイメージ|湯田 冴

お問合せ|クマ財団事務局
Mail contact@kuma-foundation.org / Tel 03-6721-7798(平日:12:00 – 19:00)
フォーム https://kuma-foundation.org/contact/

リリースキットはこちら

クマ財団6期生(55名)による企画シリーズ「KUMA experiment」についてはこちら


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
クマ財団事務局(担当:野村)
メールアドレス contact@kuma-foundation.org
電話 03-6721-7798(平日:10:00-19:00)

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで