第1期生

細井 えみか

Emika Hosoi

彫刻

1993年、バンコク生まれ。武蔵野美術大学修士課程在学。鉄を主な素材に彫刻作品を制作。東京を中心に活動し、国内外での展示発表を行う。作品制作のほか、家具・什器の受注製作も手がける。主な受賞に「ポーラ美術館主催コスチュームキューピーコンテスト グランプリ(商品化)」(2012)。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

KUMA EXHIBITIONでの展示作品

Social Tension I

人工物をテーマにしたシリーズ作品1。水平・垂直に囲まれた世界を心地よいと感じるのか、あるいは異質と感じるのか。人工物が取り巻く現代ではどちらも間違いではないだろう。しかしそれが崩れた時、目的を失った人工物の行方は何処へ。 150x210x100cm, 2017, 鉄・ボルト

Social Tension II

人工物をテーマにしたシリーズ作品2。きつく締めるかのように巻かれたゴムチューブは、鉄でできた箱には作用しない。しかし図らずも、床の上に無造作に置かれた箱のバランスを崩した。 60x60x10cm, 2017, 鉄・ゴムチューブ

The Empty

一方から見れば壁に見え、他方から見れば中身は虚無だと分かる。空白を丹念に囲う行為を、象徴的な形態を用いて表した作品。 160x150x130cm, 2016, 鉄

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第6期生】募集中

前期 2022.1.31まで

後期 2022.3.31まで