第6期生

土屋 佳祐

KEISUKE TSUCHIYA

音楽

サウンドアート

ロンドン芸術大学在籍。音楽と美術の境界で作曲活動やサウンドアートの実践を行う。人新世や新唯物論を手掛かりに、楽曲、音響彫刻の制作や即興パフォーマンス、フィールドレコーディングを通して、人とそれを取り巻く環境の関係性の音的解釈を試みる。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

Bricoleur

Keisuke Tsuchiya名義の1stアルバム。身の回りの日用品の音やフィールドレコーディングを通して収集したファウンドサウンドをアコースティックな音と混ぜ合わせ、ジャパノイズや具体音楽の延長として現代的なサウンドを構築した。

https://soundcloud.com/keisuketsuchiya/sets/bricoleur

Surreal Live Elecronics

演奏者とアッセンブラージュの手法によって構成された音響彫刻とのライブパフォーマンス作品。ブリコルールとして私は、身の回りのものや廃棄品などを拾い集めては演奏者とキネティックで自律的に演奏者と即興する彫刻を作り出し、それを通して超現実性やアニミズムの存在に迫る。

Gifts from microplastics w/ Hazuki Ota

人間が生み出したマイクロプラスチックがプレイヤーと演奏を通して干渉することによって、人々が抱くその潜在的な脅威を浮き彫りにする。円盤の上でリアルタイムに展開するグラフィックスコアとアルゴリズム作曲によって、近年の深刻な環境問題のひとつであるマイクロプラスティックと人間の関係性を提示する。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。