第5期生

保谷 聖耀

SEIYO HOTANI

映画

1999年岐阜県生まれ。高校時代から映画制作を始める。
現在は京都大学で宗教哲学を学びながら映画を撮り続けている。
大学二年生の時に監督した映画「クールなお兄さんはなぜ公園で泥山を作らないのか」がカナザワ映画祭2020「期待の新人監督」にてグランプリを受賞。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

クールなお兄さんはなぜ公園で泥山を作らないのか 予告編

男は空を飛んで女のベランダに洋菓子を届ける。純粋無垢な少年の記憶は甘い香りで世界を貪り食う。
タイトル同様尺も長い映画。自意識が肥大しがちな青少年が描く学生映画。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。