第1期生

岡 ともみ

Tomomi Oka

メディアアート

1992年東京生まれ。筑波大学芸術専門学群デザイン専攻中退、東京藝術大学先端芸術表現科在籍。 プロジェクターの特性をつかった映像表現を主としており、プログラミングも併用しながら舞台制作やインスタレーション等、時間軸をもった作品を制作している。クリエイティブユニットZEN-NOKAN代表。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

DANCE×PROJECTION-MAPPING

前後に行き来できるスクリーンと、スクリーンをはさんで前後2灯のプロジェクターと、ダンサー3人によるパフォーマンス作品。ダンサーを演出するというよりも「動き回る身体」として作品の一要素として扱った。映像もダンサーが入ることを念頭に置き、身体が入った最終的なビジュアルに最適なかたちを目指して制作。

Percussion×Projection-mapping「TRIP」

オリジナル打楽器とエレクトロミュージック、プロジェクションマッピングによるパフォーマンス作品。打楽器の奏者の動きと映像がシンクすることで生演奏を含めた音楽と映像が一体となったパフォーマンス。打楽器を彷徨う船に見立て、世界を漂う船が目覚め、起動を経て異世界に飛ぶというストーリーを抽象的に表現。

Bohemianvoodoo 映像演出

「藝祭2015」のステージにてゲスト出演したインストバンドBohemianvoodooの映像演出を担当。糸で作ったスクリーンを何層にも重ねたものにリアプロジェクションし、投影した像がずれて見えたり風でゆれる糸によって映像の見え方が変わったりする効果を使った演出。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。