第6期生

高田 一真

KAZUMA TAKADA

サイエンス

Human-Computer Interaction/身体性認知科学

2022

《ダミーカーソル実験》《らしさ》

本展示における二つの作品は、自己感覚と人らしさの表象に着目して制作したプロトタイプである。

《ダミーカーソル実験》では、マウスを操作し、画面に表示されている複数のオブジェクトの中から、「あなた自身が動かしているマウス」と同じ動きをするオブジェクトを識別する視覚刺激実験である。
《らしさ》は、人が生み出した様々なパターンや動作が、コンピュータが生み出したものと融合した結果を提示するシステムである。

本展示では、視覚刺激実験を通じて自己感覚が表象する瞬間と、コンピュータとの融合から、人らしさについて吟味する機会を提供する。この展示を通じて、私たちの「自己感覚」が明確に立ち上がる瞬間、また私たちが感じる他者の「人らしさ」について考察する。

▶▷▶▷グループ展詳細ページ:KUMA experiment vol.7『生を読む』
▷▶▷▶ギャラリートーク:https://www.youtube.com/watch?v=WPtTjlM5m1I

《ダミーカーソル実験》
《らしさ》

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第8期生】募集中

前期 2024.1.21まで

後期 2024.3.24まで