第2期生

川上 喜朗

Kawakami Yoshiro

絵画 / アニメーション

イラスト調の少年少女をモチーフに、「きっと存在するであろう幻影の風景」を求めてアニメ・絵画・イラストなど、様々な手法・手段で作品を制作している。2016年トーキョーワンダーウォール賞受賞。東京藝術大学大学院アニメーション専攻1年在学。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

花 - The flower

2018年 2:55 油彩によるアニメーション きんきん光るからっぽの場所に生まれた少年。心象のイメージが重なりあう中を彼はただよっていく。情景は変化して、最後は花へと昇華し、画面の向こうへ消えていく。

燕麦がきんきん光っておりました。

2017 キャンバスに油彩 162.0×194.0cm 題名は宮沢賢治の短編「おきなぐさ」の一節を引用したもの。焦りやいらだち、不寛容に溢れた現代で「わたしはここにいるから」と静かに訴えかける存在を描きたかった。

ひすい

2018 photoshop illustrator ただ無表情に私たちを見つめる少年。例えば仏様のお顔はどれも無表情だ。でもその中には慈愛や怒り、喜びや哀愁が込められてきた。彼もまた、哀しさや喜びを見つめているのではないだろうか。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第6期生】募集中

前期 2022.1.31まで

後期 2022.3.31まで