第5期生

関野 佳介

KEISUKE SEKINO

映画

監督、脚本、音楽

1996年生まれ。映画作家。上智大学在学中に映画制作を始め、現在はミラノの大学院で脚本執筆を学ぶ。他者と協力して作る劇映画やドキュメンタリーに加え、個人では自身の生活に根ざした制作にも取り組む。「価値観は人それぞれ違い、自分は自分の視点でしか語れない」ということを常に意識し、謙虚な作品作りを目指す。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

ラベンダー家族

都内で働くミキコ(46)は、秋の連休を利用して実家に帰省する。高齢の父に車の運転を止めさせようとするが、苦戦する。遅れて到着した息子のサトル(22)は、祖母と何かを小声で話している。家族が抱える問題に対する息子と両親の態度や、隠し事をされているという疎外感から、ミキコは徐々に苛立ちを募らせていく。
https://vimeo.com/440557099

Yesterdays

コロナ渦で物事を正確に捉えることが難しくなっていると感じた私は、より意識的に自分の周囲を見つめ直すために、毎日の生活を撮影し始めた。その日の映像を次の日に編集し、毎日1分前後の映像日記を作っている。カメラが捉えた無機質な「記録」を、編集を通して振り返り、個人的な「記憶」に変える過程を作品にしている。
https://vimeo.com/showcase/7790667

Sagrada Familia

映画音楽。宇和川輝監督短編作品’Sagrada Familia’ (2020)の劇中曲を制作をした。作曲、録音、編集を担当。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第7期生】募集中

前期 2023.1.29まで

後期 2023.3.26まで