第2期生

石田 康平

Kohei Ishida

建築

モビリティ

1994年生まれ。東京大学大学院在学。新しい自然や環境が生まれ、人間もまた大きく変わろうとしている時代にあるべき建築の姿を探求するため、自動運転やVR/MRといったテクノロジーを活用した新しい暮らしの構想に加え、変化する時代の生や死といった根元的な問題にも設計を通して取り組んでいる。
受賞歴にERIデザインコンペティション日刊建設工業新聞特別賞。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

自動運転は建築と都市をどう変えるか(2016/11~)

電話とPC からスマートフォンが生まれたように、自動運転によってモビリティと建築が融合し
新しい空間の可能性が開けるのではないか、と考えたことによるプロジェクト。人の運転が不要になり、空間は平面・断面的に自由になる。クラウドやセンシングによる「新しい感覚器官」を通した知覚を用いて、空間のドッキングが行われることで、空間の流動のコンポジションが行われる「建築」の概念が生まれることを構想し、それが都市に与える影響について考察した。

本の蔵(2017/11)

都市において現在ネガティブに考えられる死や供養を新しくとらえなおす作品。死者の所有していた本を扱った。本の小口と背表紙という二面性に注目し、それぞれの特性を最大限生かすことで、墓とクリエイティブなワークスペースの二つの空間が本をはさんでつながり、都市に新たな供養の姿を描く。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。