第6期生

道上 竣介

MICHIGAMI SHUNSUKE

テクノロジー

AI

2000年長崎県佐世保市生まれ。佐世保高専を経て東工大 工学院 へ所属。モノづくりが好きで自分の思い描くものを自由に実現できるよう勉強している。音景解析技術を用いて、音より周囲の状況を把握するシステムの研究を行っている。森における害獣・害虫の分布測定や街中における防犯などへの応用を目指す。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

「HOR-net」害虫防除支援システム

本システムは、長崎県対馬市へ定着しているツマアカスズメバチの駆除を支援することを目的とする。森中へ設置した、音景センシングデバイスによりスズメバチの有無を測定することで、統計的に営巣場所の予測することで、駆除支援を行う。

「OtoDeMiru」森の音景解析システム

本システムは、長崎県を含め世界的に問題となっているイノシシやシカといった害獣の駆除を支援することを目的とする。森中へ設置した、音景センシングデバイスにより生物や環境音を測定することで、統計的に獣道や生物の活動時間帯の予測することで、駆除支援を行う。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第7期生】募集中

前期 2023.1.29まで

後期 2023.3.26まで