第6期生

Moche Le Cendrillon

Moche Le Cendrillon

メディアアート

ドラァグクイーン/現代芸術

個人的な物語を起点に、社会にある様々な「イメージ」が刷り込むジェンダーや美醜のステレオタイプを逆説的に表象、解体するための作品を制作。近年はドラァグ・クイーンの活動を行い、その経験からマイノリティ当事者にとっての安全な対話空間となるセーファー・スペースについてのイベント企画やZINE作成も行う。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

母の L O V E 〜お着替えしましょ〜

プリンセス・コンプレックスについての連作の映像インスタレーション作品の一つ。 童話に強く憧 憬を抱いていた幼少期の経験を基にしている。 それにより自身に刷り込まれた母娘、美についてのス テレオタイプを、ドラァグ・ クイーンである自身の装いの過剰さや滑稽さ、言葉遊びによって解体する 試み。

House of fabulosity

ドラァグ・クイーンであるクリトリア女郎により主催された、多様性をテーマに据えたファッションショー を追った映像記録。 様々なマイノリティ当事者をモデルとし、彼らの葛藤やステレオタイプの外見美を超越 する装いのあり方を模索する。

夢と希望と不自由なcorps

真夏の屋外に設置された 2 畳ほどのギャラリーを舞台としたパフォーマンス。ドラァグ・クイーンとして至らない不自由な身体を、安価 な素材と音響で作られるパフォーマンスで記録した。 ショーとして成立する為に求められる、舞台や演者の容姿に対する美的な条件について問い直す。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。

奨学金
【第7期生】募集中

前期 2023.1.29まで

後期 2023.3.26まで