第5期生

成定 由香沙

narisada yukasa

建築

1998年神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院 美術研究科 建築専攻 在籍。
建築と映画の相違点としてのいまここにあるという性質と共通点としての触覚的受容に着目し、建築における新たな形態と体験を思索する。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

香港逆移植 映画的手法による香港集団的記憶の保存

国家安全法の制定をきっかけとして、デモ活動が厳しく制限された香港におけるデモの歴史をこれまでの支配国であったイギリス、中国に建築として残す。二国をつなぐ虚像としての香港は「映画的手法」により従来のメモリアル建築とは異なるあり方として存在する。

香港逆移植 映画的手法による香港集団的記憶の保存

国家安全法の制定をきっかけとして、デモ活動が厳しく制限された香港におけるデモの歴史をこれまでの支配国であったイギリス、中国に建築として残す。二国をつなぐ虚像としての香港は「映画的手法」により従来のメモリアル建築とは異なるあり方として存在する。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。