第6期生

岡崎 彩香

SAYAKA OKAZAKI

工芸

ガラス/インスタレーション

1999年大阪生まれ。大阪芸術大学大学院芸術研究科工芸領域ガラスコース在籍中。植物や自然の現象をモチーフに、優しさや心地よさなどの自然のリズムを可視化する目的で作品を制作。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

tender flower

植物が枯れていく姿は、悲しさや儚さを感じさせるが、同時に自然の永続性や表面に浮き出るテクスチャーに力強い生命感を感じる。ガラス素材の脆さと強さを併せ持つ性質と、植物の持つ二面性に共通性を感じた。光を透過するガラス素材を用いた空間展示を行うことで、目には見えない自然のリズムや空気感の表現を試みた。

巡り

花が枯れて変化していく様子に、儚さや悲しさと同時に感じられる自然の永続性を表現。

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。