第3期生

高畑 彩佳

SAYAKA TAKABATAKE

メディアアート / 絵画

造形作家。1995年香川県生まれ。京都造形芸術大学大学院に在籍。
排水口という何処かと何処かを繋ぐツールをモチーフとし、自身と世界との繋がりを視線と祈りに変えて具現化する。丸亀市の助成を受け丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて初個展を開催。アートアワードトーキョー、三菱商事アート・ゲート・プログラム入選。

掲載時点での情報です。

ポートフォリオ

象牙の塔

これは祈りのための神殿である。

天竺綿、兎膠、ムードン、墨、バーニッシュ
2400x600mm 9枚連結 サイズ可変
2018
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

隣人 − あるいは排水口から滲み出る水

天竺綿、兎膠、ムードン、アシェット、墨、天然顔料、バーニッシュ、蜜蝋
2400x900mm 12枚連結 サイズ可変
2018

行年図

天竺綿、兎膠、ムードン、墨、バーニッシュ
150x3000mm、300x1500mm、300x1500mm サイズ可変
2018

ご質問は下記のフォームより
お問い合わせください。